LINKCLUB HOSTING SERVICE
トップページ 
L.H.Sサイトマップ ドメインとは ドメイン管理代行 ユーザ管理室 リンクメール 無料 ウィルスチェッカー
無料 モバイル完全対応 無料 70以上の豊富な機能 有料 オプション機能 Web機能 リンク集 FAQ/お問合せ
料金表 自動見積フォーム サービス開始までの流れ ドメイン新規お申込み ドメイン乗換お申込み クーリングオフについて
メンテナンス情報 障害情報 無料資料請求 L.P.P ドメインパーキング L.D.P

リンククラブ・ホスティングサービス(LHS) ドメインとは?

ドメイン」はインターネット上の住所であり、WEBサイトを運営する上で大変大きな役割を果たしています。起業する際、サービスを立ち上げる際にドメインの取得はもはや必須と言っても過言ではないでしょう。

会社名、ブランド名、サービス名などをドメインとして登録しておくことにより、利用者にとってより覚えやすいURLを手に入れることが可能です。独自ドメインを保持することにより、WEBサイト全体にも確立されたサイトイメージを付与することができ、WEB上の存在感もひときわ高いものとなります。

また、ドメインを取得することにより、メールアドレスもご自由にお作りいただけます。LHSでは"名前@ドメイン名.com"というドメイン部分が共通したメールアドレスを50個まで(増減可能)お作りいただけます。ぜひ企業でのご利用、サービスでのご利用などにお役立てください。

L.H.Sでは、お気に入りのドメインがあった場合、類似のドメイン名が既に取得されているかどうかを自動的に検索し、空いている複数のドメイン種別を同時に申込む事ができます。(.com/.net/.org/.info/.biz/.jp対応)

※ドメインの利用にはドメイン年間維持費が必要になります。リンククラブでは大変リーズナブルな価格でドメインを提供しています。

ドメインとは、世界でただ1つのインターネット上のあなたの住所です。

ドメイン名は下記のように【linkclub.co.jp】と表記され、【linkclub】が「組織の名前」を、【co】が「組織の属性」を、【jp】が「組織の国名」を表しています。ドメインを見れば、その組織がどのような名称で、どのような属性にあり、どこの国に存在しているかがわかるようになっています。

名刺上のドメインの例

 新規 取得可能ドメイン

L.H.Sで、新規に取得できるドメインは.com/.net/.org/.info/.biz/.jp/.co.jp/.or.jp/.gr.jpとなります。なお.co.jp/.or.jp/.gr.jpは、個人では取得できません。下記のドメインの組織種別を参照の上、ご取得されるドメインの種類をお選びください。また、取得後のドメインの変更はできませんので、ご注意ください。

 属性   意味   詳細   組織種別 

ccTLD(国別ドメイン)

※1.co.jp  商業法人 株式会社、有限会社、合資会社、合名会社、相互会社、信用組合、信用金庫、特殊会社、外国会社 法人向き
※1.or.jp  非商業法人 財団法人、社団法人、医療法人など
詳しくはJPNICのサイトの用語集をご確認下さい。
法人向き
※1,2.gr.jp  法人格を
有しない団体
複数の日本に在住する個人または日本国法に基づいて設立された法人で構成される任意団体、法人格を有しない団体代表者及び副代表者は日本に在住する個人または日本国法に基づいて設立された法人であること。 団体向き
 .jp  日本 日本向けのドメインです。個人でも組織でも、日本に住所があれば誰でも取得が可能です。信頼性が高いドメインとしても有名。 制限なし
(法人および個人向き)

gTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)

 .com  営利組織
(commercial)
大変の人気の高いドメイン。主に営利団体系で使われています。 制限なし
(法人および個人向き)
 .net  ネットワーク関連
(network)
主にネットワーク系で使われています。.comと並んで人気があります。 制限なし
(法人および個人向き)
 .org  非営利組織
(organization)
主に非営利団体系で使われています。グループで何か行う時などに最適です。 制限なし
(法人および個人向き)
 .info  情報サービス
(information)
主に情報関係で使われています。情報の告知・発信などに最適です。 制限なし
(法人および個人向き)
 .biz  ビジネス用途
(business)
主に仕事系で使われています。ビジネス活動に最適です。 制限なし
(法人および個人向き)
  • .co.jp/.or.jp/.gr.jpは1組織につき、1ドメインのみとなります。
  • 「.gr.jp」については、申請の際に、代表者印・副代表者印を捺印した「登録依頼書」と、代表者印・副代表者印の「印鑑証明」の提出が必要です。

 乗換の場合の対応ドメイン

すでにドメインをお持ちの方で、L.H.Sに乗換でお申込みできるドメインは.com/.net/.org/.info/.biz/.jp/.co.jp/.or.jp/.gr.jp/.ne.jp/.ac.jp/.ed.jp/.go.jp/.ad.jp/.tv/.ws/.to/.cc/.nu/.saです。

.com/.net/.org/.info/.biz/.jp/.co.jp/.or.jp/.gr.jp/.ne.jp/.ac.jp/.ed.jp/.go.jp/.ad.jpについては、乗換時のDNS情報書き換え、ドメイン年間維持の更新など、すべてL.H.Sが代行いたしますので、お客さまご自身での手続きは不要となります。(一部レジストラを除く)

なお、上記乗換ドメインでお申込み受付後、L.H.Sにてドメイン管理団体に対しドメイン移転手続きを行った場合、まれにお客さまの乗換元から拒否されるケースがございます。

その場合はL.H.Sからお客さまへご連絡いたしますので、お客さまから乗換元へ移転の意向をお伝えいただきますようお願いいたします。お客さまと乗換元との連絡がつき次第、L.H.S宛にご連絡をいただきますと、再度お手続きをすすめさせていただきます。
(連絡先 : support@hosting-link.ne.jp

まれにそれでも拒否されるケースがございますので、その場合はお客さまご自身、または乗換元にて、下記L.H.SのDNSサーバ情報へ書き換え手続きを行っていただきます。書き換えの手順はドメインを管理しているレジストラによて異なります。下記をご参照ください。

L.H.SのDNSサーバ情報

プライマリ:USR-NS1.LINKCLUB.JP ⇒ IP: 219.118.70.40

セカンダリ:USR-NS2.LINKCLUB.JP ⇒ IP: 219.118.70.50

.tv/.ws/.to/.cc/.nu/.saについては、DNS情報書き換え、ドメイン年間維持の更新などは、お客さまご自身で管理・お手続き願います。

 ドメインの新規取得にかかる日数(土・日・祝祭日を除く営業日)

  • .com/.net/.org/.info/.biz/.jpドメインの場合、最短1日〜3日で完了します。
  • .co.jp/.or.jpドメインは約5日〜7日ほどで完了します。
  • .gr.jpドメインの場合は別途添付書類を提出していただく必要があり、完全な添付書類が L.H.S.事務局に届いてから約15日〜20日ほどで完了します。

 ドメイン使用可能文字

ドメイン種別 gTLDドメイン名
(.com/.net/.org/.info/.biz)
汎用jpドメイン名
(.jp)
属性型jpドメイン名
(.co.jp/.or.jp/.gr.jpなど)
使用できる文字 半角英数字(A〜Z、0〜9)
半角のハイフン「-」
使用できない文字 全角のアルファベット、半角のカタカナ、全角のハイフン「ー」
記号「&」「\」「_」「%」「?」「☆」
(例)ad_c.jp→×(「-」以外の記号を使用しているためNG!)
登録できる
文字数
「.com/.net/.org/.info/.biz」を除いて、 63文字以下 「.jp」を除いて、
3文字以上63文字以下
(例)abc.jp→○
「.co.jp」などを除いて、
3文字以上63文字以下
(例)abc.co.jp→○
登録できない
文字列
ハイフン「-」で始まる、 または終わるもの
(例)-abc.com
   abc-.com→×
ハイフン「-」で始まる、 または終わるもの
(例)-abc.jp
   abc-.jp→×

2文字以下
(例)ad.jp→×
ハイフン「-」で始まる、 または終わるもの
(例)-abc.co.jp
   abc-.co.jp→×

2文字以下
(例)ad.co.jp→×
  • ドメイン名では、大文字・小文字の区別はなく、同じ文字とみなされます。
  • 現時点では、「漢字、ひらがな、 カタカナ」などの日本語の文字列を含む「日本語.com/.net/.org/.info/.biz」および「日本語.jp」には、L.H.Sでは対応しておりません。「半角英数字.com/.net/.org/.info/.biz」もしくは「半角英数字.jp」にてお申込みください。

 jpドメイン

短くて覚えやすく、個人でも気軽に取得できる「汎用jpドメイン名(.jp)」でホームページを立ち上げて、ご自分の世界をさらに広げてみませんか?

汎用jpドメイン(.jp)って何だろう?

汎用JPドメインとは?

汎用jpドメインのメリットは?

  • 1.「〇〇.jp」とドメイン名が短くて簡単になります。
  • 2.日本国内に住所があれば、個人でも登録が可能です。
  • 3.日本に本店や支店の住所があれば、組織種別を問わずに登録ができます。
  • 4.1人(1法人)につき、複数登録できます。
  • 5.ドメインの譲渡(名義変更)も可能です。

登録したjpドメインの情報は公開されるのですか?

現在L.H.Sでは、新規ドメイン取得の汎用JPドメインの公開連絡窓口情報はリンククラブの情報を公開するようになっていますので、お客様の情報がWHOIS上に公開されることはございません。

他社から乗換申込みされた汎用JPドメインの公開連絡窓口情報は、乗換元で登録されていた情報のままとなりますのでご注意ください。

これから汎用jpドメインをL.H.Sにて申込む方、またすでにL.H.Sにて運用されている方、どちらもお申込みいただけます。

汎用jpドメイン名についての更に詳しい情報

詳細はJPRS(株式会社日本レジストリサービス)のホームページをご覧ください。

 ドメイン管理について

リンククラブは、属性型・地域形JPドメイン(.co.jp/. or.jp/ gr.jp)の管理団体である、社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)および、汎用 JPドメイン(.jp)の管理団体である、株式会社日本レジストリサービスの正会員、および指定事業者です。

リンククラブで取得されたccTLDドメイン(.co.jp/. or.jp/ gr.jp/.jp)や他社からののりかえでリンククラブ預かりのccTLDドメイン(.co.jp/. or.jp/ gr.jp/.jp)は、JPRSで管理されます。